さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いちじくの生ハム添え



旬のいちじくに生ハムを添えてデザートに。 ほっこりさんのブログ に載っていたのが すご~く美味しそうだったので 真似してサッと表面を焼いてみました。 温まったいちじくでハムの脂がトロンと溶けて・・・これは最高♪

いちじく の皮をむき 手で4つに裂く。 フライパンを熱し いちじくの断面をうっすら焦げ目がつくように 軽く焼きつける。 薄くスライスした 生ハム をのせる。

いちじくは熱を加えると 冷たいものとはまた違う美味しさがありますね。 たくさんあるときは 半分ずつ試すのがおすすめ。
かの エノテカ ピンキオーリ でも パルマハムにいちじくを添えたものが前菜として出てきました。 もっともこちらはハムが主役でいちじくは脇役でしたが・・・(^^)

スポンサーサイト

  1. 2007/09/22(土) 11:44:27|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

梅ジュース



今年は梅ジュースを3回作りました。 先週末に見つけた青森産の青梅で作ったこれが 今年最後の梅ジュース。 さすがにもう 青梅は見かけなくなりましたね。 これ以外に梅仕事として 黒糖梅酒 と 梅干し を作りました。 梅干しは 梅雨が明けて真夏の太陽が照りつけるようになったら 干して完成させます。

青梅 1kg を きれいに洗い 水分が残らないように十分に乾かす。 梅の なり口(ヘタ) を つまようじなどでとり 殺菌した保存ビンに入れる。 氷砂糖 1kg を 梅の間に3~4回に分けて入れ 一番上には多めの氷砂糖をのせる。 酢 1/2カップ を注いで 蓋をする。
毎日 ビンをゆすったり かき混ぜたりして できるだけ早く氷砂糖を溶かし 浸透圧で梅の果汁を出すようにする。 
2~3週間して 氷砂糖がすっかり溶け 梅がシワシワになったら (傷のある梅はぷっくりふくれたままでシワシワにはならない) キッチンペーパーなどで漉して 保存用のボトルに入れ 冷蔵庫で保存する。

写真のものは 出来上がるまでに あと1週間くらいかかるでしょう。 氷砂糖がすっかり溶け 梅がもっとシワシワになれば完成です。 底の方の糖度がどうしても高くなるので よく混ぜて梅の果汁を早く出すようにしましょう。 室温で作るので あまり時間がかかると発酵することがあります。
完成した梅ジュースは 水やソーダで5~6倍に薄め 氷を浮かべれば クエン酸たっぷりの夏にピッタリのドリンクに。 冷蔵庫なら1年くらいは 余裕で保存可能です♪

※ 梅ジュースに使った梅の再利用法。
かぶるくらいの水と一緒に煮て 梅がふっくら柔らかくなったら つぶして種を除き 砂糖を加えて煮つめてジャムにします。
もうひとつ・・・ シワシワカチカチになった梅に ホワイトリカー ウイスキー ブランデー などをひたひたに注いでおくといわゆる 「カストリ梅酒」 ができます。 好みで砂糖を加えても。  不思議なことに これは一般の梅酒よりずっと早く 1か月くらいから飲めるようになります。


  1. 2007/07/23(月) 04:46:35|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:5

桃のコンポート



届いた桃がいくつか余ったので 新鮮なうちにコンポートにします。 「果物を愉しむ100の方法」 のスパイスコンポートを参考に煮てみました。 桃の香りとスパイスの風味がマッチして これはかなりのオススメです!

桃 (300gくらいのもの) 5個 の皮をむいて 果肉を大きめにそぎとる。
ホーローの鍋に切った桃を入れ 白ワイン 375ml (ハーフボトル1本) 水 200ml グラニュー糖 220g  シナモン 2本  バニラ棒 1/2本  八角 1個  クローブ 4個 を加えて強火にかける。 沸騰したらアクをとり 落とし蓋をして 弱火で20分ほど煮てそのまま冷ます。
シロップごと保存容器に移し 冷蔵庫で保存する。


peach_compote1.jpg
煮ている時はこんな感じ。 スパイスのいい香りがキッチンに広がります♪

アクをすくったら 落とし蓋を。

よ~く冷えたものを そのまま もしくはアイスクリームに添えると とても美味しいデザートに(*^_^*)  カスタードクリームと一緒に ピーチパイのフィリングにしてもイケそうです。 甘さ控えめなので 2~3日して余っていたら一度火を入れた方が安心ですね。


  1. 2006/08/02(水) 12:07:41|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

レモンカード



爽やかな食後酒を作ろうと思い 比較的 簡単にできる 「リモンチェッロ」 など 仕込んでみました。 リモンチェッロはレモンの皮だけを使うので あとには8個分もの果肉が・・・(汗) そこで 5個はレモンジャムに 残りの3個はレモンカードにしました。
レモンカードは イギリスでよく見かけるクリーミーなスプレッド。 パンやスコーンにつけて食べるとレモンの香りが口いっぱいに広がります。 レモンパイのフィリングにも使えます。 

小さいなべか金属製のボウルの中で 卵 3個 をよく溶き 砂糖 220g を加えて混ぜる。 無塩バター150g を電子レンジにかけてやわらかくし レモンの絞り汁 (3個分) レモンの皮のすりおろし (1個分) と共に 卵の入っているなべに入れる。
大きめのなべにお湯を沸かし 弱火にして材料の入っている小なべを浮かせて湯煎にする。 混ぜながら温め バターが完全に溶けたら 1度 ザルで漉す。
再び湯煎にかけ 加熱していくと 周りから濃度がついてくるので 固まらないようによく混ぜる。 全体にとろみがつき なめらかになったら湯煎からおろす。 冷めると固くなるので やわらかすぎるかなと思うくらいでOK。 熱いうちにジャムの瓶などに詰める。

この分量で 写真くらいのジャムの瓶 2個半ほどの量ができます。 今回 レモンの皮は 全部 リモンチェッロ に使ってしまったので入れませんでした。 皮が入るとより香りがよくなりますが その場合は 必ず ノーワックス 無農薬(or 減農薬) のレモンを使いましょう。
 
リモンチェッロの作り方は こちら


  1. 2006/03/13(月) 22:42:08|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

アールグレイ風味のアップルゼリー



リンゴの果汁エキスだけで作った ゼリーのように透き通ったジャム。 リンゴの味だけでも もちろん美味しいのですが 今回はアールグレイの香りを加えてみました。 ちょっと洗練された味になりました。

紅玉5個 を煮て果肉と汁に分けたあとの 汁の方を使う。 詳細は キャラメルりんごジャム の作り方 の前半を参照。
tea_in_jelly.jpg
漉しとった汁グラニュー糖180g を加え 中火にかけて煮つめていく。 途中で アールグレイ紅茶のティーバッグ1個 を入れて香りをつける。 濃度がついてくると 紅茶が抽出されにくいので 別に濃くいれたものを加えてもよい。 好みの煮つめ加減になったら火を止める。

キャラメルりんごジャム と違って こちらは冷えると思ったより固くなります。 少しゆるめかな と思うところで火を止めるとちょうどいい感じ。 ゼリーはジャムの半分くらいしかできないので ちょっとした貴重品。 りんごが たくさんあるときに作って脱気して保存しています。 


  1. 2005/11/23(水) 12:49:31|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:9

キャラメルりんごジャム



紅玉を使って 2種類の りんごジャムを一度に作ります。 参考にしたのは 福田里香さんの「果物を楽しむ100の方法」  どちらも香りづけをアレンジしました。 

紅玉5個 (約1kg) の皮をむいて芯をとり 8つ割りにして ホーローのなべに入れる。 芯と皮をガーゼに包んで一緒に入れ 水500ml レモン汁1/2個分 を加えて火にかけ 沸騰したら弱火にして リンゴが崩れるまで40分ほど煮る。 芯と皮を取り除き キッチンペーパーを敷いたザルを用意して 煮たものを漉し 果肉と汁に分ける。

まず 果肉を使って キャラメルりんごジャム をつくる。
なべを洗い グラニュー糖 270g 水1/4カップ を入れて 煮つめ 焦がしてキャラメルソースを作る。caramel.jpg
ほどよい色になったら リンゴの果肉を入れる。 なべの中は 一瞬 激しく泡立つが 混ぜていくとキャラメルソースはきれいに溶けるので心配はいらない。
ここで 一段階 焦げ色が濃くなるので やや薄い色の状態で リンゴを入れるのがコツ。
バニラビーンズ1/3本 (もしくはシナモンスティック 1本) を加えて10~20分 好みの濃度まで煮つめていく。 これは冷めても 固さはあまり変わらない。

後味に キャラメルの香りが ふんわり。 キャラメルの焦がし加減やスパイスを変えれば少しずつ違ったジャムになります。 紅玉でなくてもできますが その時はレモン汁を1個分入れてください。 
煮るときにリンゴの芯を入れるのは ペクチンが多く含まれているから。 皮は色づけですが 今回はキャラメル色になるので入れなくてもOK。

漉しとった汁を使った アールグレー風味のアップルゼリー こちら



  1. 2005/11/23(水) 12:17:09|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

かりんエキス



「かりん蜂蜜」 と同じく 厳密に言うと sweets ではないのだけれど 分類がないのでとりあえず・・・(^^;)  これも のどの痛みに効くエキス。 「かりん蜂蜜」 を漬けて余った分で作りました。 これだけあれば この冬を乗り越えられる?
 

(ジャムのビン約3個分)
かりん 1.2kg程度
を皮ごと1㎝幅の輪切りにしてホーローかガラスのなべに入れ 水1.5~1.8リットルを加えて火にかける。 20~30分煮て 箸が通るくらい柔らかくなったら かりんを取り出す。 できればザルで漉すと 細かい果肉も取り除けるが それほど気にしなくてもいい。 煮汁は薄い茶色。
煮汁に砂糖300~400gを加え ときどきかき混ぜながら 中火~弱火で煮つめていく。 「夕焼け」 のような きれいなオレンジ色になり とろみがついてきたら火を止め 熱いうちに熱湯消毒したビンに移して密封する。 


かりんは種ごと煮ますが 種の周りに黒い粉状のものがついていたら 虫がいる可能性があるので種をとり除き周辺をきれいに洗います。 やや ゆるめの煮つめ加減で火を止めると 冷めたときにプルプルのゼリー状に。 このまますくって食べると甘酸っぱくて美味しい のどのお薬!  


  1. 2005/11/05(土) 04:25:32|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

かりん蜂蜜


「かりん」 が出回ってきました。 風邪の季節に備えて 蜂蜜漬けを作ります。 

かりんの皮をお湯でよく洗う。 半分に切って 皮むき器で薄くスライスする。 (約200g)
スライスしたかりんを 熱湯で滅菌したビンに入れ 蜂蜜1kgを注ぐ。 ビンの蓋は少しゆるめに閉め 1日1回混ぜて 2週間くらいで出来上がり。 かりんを取り除いて清潔なビンに移す。



種を入れないレシピが多いのですが 果物の多くは種にも香りや薬効があるので きれいな種は一緒に入れてしまいます。 のどが痛いとき お湯で薄めて飲むといいとか。 紅茶に入れてもよさそう。



  1. 2005/10/31(月) 13:35:36|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

梅ジャム

「梅ジャム」 といっても ただの梅ジャムではありません(笑)  「梅肉エキス」 を 作ったときに残った大量の絞りかすを 利用しちゃおうというもの。 絞りかすとはいえ エキス分はまだたっぷり残っているので 捨てる手はありません。 梅肉エキスの作り方は こちら。 

ume_jam1.jpg

梅肉エキスを保存ビンに移したあとのなべに 絞りかす (200g) を入れます。 
これに 水 300ml 砂糖 250g を加え 煮つめていきます。
周りについたエキスも溶かすようにして しばらく煮れば出来上がり。 固さは 水の量と 煮つめ加減でお好みに

ume_jam2.jpg
大きめのジャムのビンと 中くらいのビンに1つずつできました。 (手前は「梅肉エキス」のビン)

考えてみれば リンゴで作る 「アップルバター」 と同じようなものですね。 美味しいです♪
 


  1. 2005/06/13(月) 00:00:40|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

栗とメロンのデザート

chestnutmelon.jpg

栗の季節にマロンペーストを作って冷凍しておきます。 栗をゆでて半分に切り スプーンで中身を取り出して砂糖と水を加え バーミックスで混ぜながら なめらかになるまで煮込んだもの。

マロンペーストを解凍して柔らかくする。 メロンは一口大に切る。 生クリーム砂糖少々とブランデーなど好みの洋酒を加え 8分立てに泡立てておく。 マロンペースト 生クリーム メロンの割合は 1:1:2 くらい。
グラスやガラスのボウルに メロン マロンペースト 生クリーム を 層になるように入れ 冷蔵庫で冷たく冷やす。 大きめの器に作って 各自で取り分けるようにしてもいい。  


この組み合わせは本当におすすめ! ちょっとお洒落なデザートになります。 マロンペーストは 缶詰やビン詰めの市販品でも代用できますが 市販品は糖分が高いので 生クリームに入れる砂糖をごく少量に。 メロンはハネデューメロンやプリンスメロンなど さっぱりしたものが合います。


  1. 2005/04/11(月) 01:11:02|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。