FC2ブログ

さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パニール・カレー



更新を 随分サボっていますが・・・(^^;)  この間にインドに行ってきました。 いやあ あんなに面白い国とは思いませんでした、インド! あちらでは 当然ながらずっとインド料理だったわけですが これがいい意味で期待を裏切ってくれました。
観光ではなかったので ほとんどホテルに缶詰で 食事もホテルでとることが多かったのですが 毎回ディナーに出るバラエティー豊かなカレーの美味しいこと! その中で 特に気に入って 毎食食べていたインドのチーズ 「パニール」 のカレーを再現してみました。 といっても スパイスが揃わなかったのと 時間がなかったので 市販のルーを使っちゃいましたが・・・(汗) メインはパニールということで。

<パニールを作る>
牛乳1リットル 生クリーム 1/2カップ を鍋に入れて火にかけ沸騰させる。 火を止めて レモン汁 大さじ3~6 を加え サッと混ぜたら 再度 弱火にかけると牛乳のタンパク質が固まって分離してくるので 火を止め冷ます。 
panir1.jpg
あまり混ぜすぎないように。
 
レモン汁は最初に 大さじ3杯 入れてみて 固まらないようなら少しずつ足していく。

あら熱がとれたら ザルに二重にしたガーゼ (またはサラシ) を敷いて 鍋の中身を注ぎ 白く固まったチーズを漉しとる。
流しの上などに吊しておき 水分がほぼ切れたら ガーゼに包んだまま適当な重しをのせて 堅めの豆腐くらいになるまで水気を切る。 前日に作っておくとよい。
(チーズを作るときにでる水分は 「乳清 (ホエイ)」。 脂肪分がほとんどなく タンパク質豊富なのでダイエットに最適。 温かいうちなら そのまま飲んでも美味。 料理にも使えるので 流してしまわないように!)
<カレーを仕上げる>
今回 使ったのは アナンという会社の 「インド料理グルメシリーズ カレーブック マイルド」  ただし 作り方は自己流。
タマネギ 大1.5個 を 薄切りにして サラダオイル大さじ1 バター 少々 と共に煮込み用の鍋に入れ 中火で やや色づいてねっとりしてくるまで炒める。 カレーブック付属のスパイス (赤トウガラシ クミン 少々) を加え よく炒めたら 半月切りにした ニンジン 1/2本 と 湯むきして種をとり荒切りにした トマト 1個 を 入れて さらに3~4分炒める。
かぶるくらいのレンズ豆 1/2カップ チャツネ 大さじ1 を 入れて レンズ豆がやわらかくなるまで15分ほど煮込む。
カレーブックのルーを入れて十分に溶けるまで煮る。 濃度がつきすぎたら水を加えて。 ここでで味つけ。 仕上げのスパイスを加えて 2~3分煮たら 生クリーム 大さじ3を入れて火を止める。
フライパンに サラダオイル 大さじ2 を熱し 3cm角に切ったパニールを入れて 弱火でゆっくり焼き色をつける。 パニールをカレーに入れ サッと混ぜれば出来上がり。

サフランライスを添えてみました。 お皿と同じ色でした・・・(笑) これは ベジタリアン用のカレーですね。 自分でスパイスをブレンドすれば もっと好みの味にできそう。 面倒なら適当なルーを使っても それなりにできます。 パニールはお豆腐みたいに見えますが ミルクの香りがクリーミー。 作るとき生クリームを加えるのは 日本の牛乳はインドの牛乳に比べて薄いからです。

スポンサーサイト

  1. 2006/12/11(月) 02:45:07|
  2. [dairy products]乳製品|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。