さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ニシンの酢漬け

nishin_suzuke.jpg

生食用のニシンがあったので作ってみました。 昔 フランスのホテルで朝食に出たニシンを再現したつもり。 お寿司で使うコハダの酢漬けより 甘さとスパイスをきかせて パンに合う味にしています。

 ニシン (25cmくらいの小ぶりの生食用) 4尾 を 3枚におろし 両面に薄く塩をふって 15~20分ほど置く。 玉ねぎ1/2個 を薄くスライスする。
 小なべに 酢 1カップ  グラニュー糖 大さじ 6~7  水 1/2カップ を入れて火にかけ 沸騰したらすぐ火からおろす。 種を抜いた 鷹の爪 1本  ブラックペッパー ピンクペッパー クローブ 各適量(ホール)  ローリエ 2枚  あれば ディル (生でもドライでも)適量 を入れて冷まし マリネ液を作る。
 塩をしたニシンを軽く酢洗いし 皮をむいて 一口大のそぎ切りにする。 漬け置き用の容器に 玉ねぎ と ニシン を交互に重ね マリネ液を浸るまで注いで 冷蔵庫で保存。 3~4日はおいしく食べられる。

2日目くらいから カドがとれてまろやかな味になってきます。 毎日 少しずつ味が変わっていくので それも楽しんで。 今回はディルがなかったので入れませんでしたが あればぜひ使ってください。 より本格的な香りになります♪  好みでほかのスパイスを使っても。 

スポンサーサイト

  1. 2012/02/06(月) 11:18:21|
  2. [fish]赤身魚|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

ニシンのマリネ

marinated_herring.jpg

東京ではめったに見かけない 生食用ニシンがありました。 以前、お刺身は食べたことがあったので、今回はマリネにしてみます。 ヨーロッパを旅行していると、時々、朝食でお目にかかるアレです。

ニシン 2尾 を3枚におろし 腹骨をすきとっておく。 両面に粗塩を多めにふり バットに並べて冷蔵庫で1~2時間ねかせて身を引き締める。 網などの上に並べると 余計な水分が落ちやすい。
タマネギ 1/3個 を薄切りにする。 鷹の爪 1本 はタネをのぞいて輪切り。 レモン 1/2個 は皮をむいて薄切りにする。 国産レモンなら皮はむかなくてよい。 その他に 粒黒コショウ 10粒程度ローリエ 1枚を用意する。 好みで ニンジン パセリ などを入れてもOK。
マリネ液は 酢 200ml みりん 20ml に 塩 コショウ 少々を合わせて作る。
塩を振ってねかせたニシンの表面をサッと洗い よく水分を拭き取って 漬け込む容器に入れる。 皮が気になるときはここでむいておく。 マリネすると皮は溶けてしまうくらい柔らかくなる。
タマネギ 鷹の爪 レモン 粒黒コショウ ローリエ をニシンにのせ マリネ液に浸して冷蔵庫へ。 2~3時間で食べられる。 翌日の よく漬かったものもおいしい。

marinated herring1
マリネ液に漬け込んだところ。

いっしょに漬けたタマネギも美味しくなります。 パンにもご飯にも合いますよ♪






  1. 2008/09/02(火) 14:19:50|
  2. [fish]赤身魚|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

アジのパン粉焼き



お刺身や たたきでいただくことが多いアジを 今日はパン粉を振りかけてプロバンス風(?)に焼いてみました。 オーブンが使えなかったので コンロについている魚焼きグリルを使いましたが このくらいのアジなら上手にできます。

アジ (20~25センチくらいのもの) 4匹 の ぜいごをとって 三枚におろす。 パン粉 1/2カップ に ニンニク 1かけのみじん切り 刻んだパセリ 大さじ2~3 刻んだローズマリー 適量  塩 コショウ 少々 を混ぜ合わせる。
アジの裏表に軽く 塩 コショウを振る。 コンロの魚焼きグリルを使う場合は 網をはずし 焼き皿の表面に薄くオリーブオイルを塗って アジを皮を下にして並べる。 オーブンを使う時は天板に同じようにして並べる。
アジの上から押しつけるようにパン粉をのせ 上からオリーブオイル 大さじ2 程度をかけて焼く。 火加減は中火くらい。 様子を見ながら調節。 表面にきれいな色がつけば出来上がり。


身が薄いものなら 上火だけで十分火が通ります。 下まで熱が通る前に 上が焦げすぎないことだけ注意すれば大丈夫。 パン粉にパルメザンチーズを混ぜたり 食べるときレモンをしぼっても美味♪  これはもう 白ワインでしょう。


  1. 2007/04/16(月) 21:40:47|
  2. [fish]赤身魚|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

カツオの香味野菜のせ

katsuo.jpg

初鰹のシーズン。 たっぷり脂ののった秋の戻り鰹とはまた違う さっぱりした美味しさが魅力です。 今日は とびきり新鮮そうなカツオを見つけたので たっぷりの香味野菜をのせて サラダ感覚に仕上げてみました。

カツオ1さく は 刺身のように切って皿に並べておく。
大葉 5枚 を縦半分に切ってから千切りにして水につけ アクが抜けたらしぼっておく。 ミョウガ 2個 も縦半分に切って斜めの薄切りにする。 カイワレ 1/4パック は根を落として3等分に切り ショウガ1かけ は千切り 小ネギ3本 は小口切りにしておく。
切った香味野菜を混ぜ合わせて鰹の上にのせ レモンしょうゆを 1:2 の割合で混ぜたものをかける。


香味野菜は ほかにもいろんなものが使えます。 セロリ タマネギ ウドなどもおすすめ! 量も好みで増減してください。 レモンじょうゆは かなりさっぱりですが オリーブオイルとバルサミコ酢と醤油で作ったドレッシングも合います。 簡単にしたいときはポン酢でも。 ちょっとゴマ油を落とせばまた違った風味に。


  1. 2006/05/31(水) 23:20:35|
  2. [fish]赤身魚|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

サンマの酢じめ



先日 仕事関係の方に連れて行ってもらった居酒屋で イワシを酢で軽くしめたお刺身が出てきました。 これが美味しかったので 今日は新鮮なサンマでトライ。

刺身用のサンマを3枚におろし 腹骨をすきとり皮をむく。 サンマをバットに並べ 米酢を注ぐ。 途中でひっくり返すので完全に浸らなくてもよい。 1~2分たったら裏返し トータルで3分ほど漬けたら引き上げる。 キッチンペーパーで軽く押さえて 余分な酢を吸い取る。 お刺身と同じように切って盛りつける。

周囲がほんのわずかに白くなっているだけで 中はきれいな赤身のまま。 酢はほとんど感じられません。 でも よけいな脂が落ちるので 味がひきしまって さっぱりといただけます。 ワサビ醤油かショウガ醤油でどうぞ。



  1. 2005/09/10(土) 23:35:14|
  2. [fish]赤身魚|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

アジのゴマ醤油あえ

goma_aji.jpg


アジは よく食卓に登場するお魚の1つですね。 お刺身やたたきに飽きたら こんなのはどうでしょう?

アジ (大1匹) を3枚におろして皮をむき 中骨を抜いて お刺身のように切っておく。 
白ゴマ 大さじ2 を煎って すり鉢ですり 煮きったみりん 酒 各大さじ1 しょうゆ大さじ1.5 おろし生姜 小さじ1/2~1 を加える。 
切ったアジを入れて混ぜれば できあがり。


しょうゆは かなり効くので 入れすぎないようにしましょう。 味をみながら すり鉢の中で 好みの味に調整してください。


  1. 2005/05/23(月) 13:03:56|
  2. [fish]赤身魚|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コハダの酢じめ

kohada.jpg

春なので旬のコハダの酢じめです。 コハダというのはコノシロと同じお魚で 10~12センチくらいの小さいものの呼び名。 もっと小さくなるとシンコになります。 江戸前のお寿司といったらこれですね!

コハダはウロコを取って3枚におろす。 腹骨が残っていたらすきとる。
おろしたコハダを 皮を下にしてザルかバットに並べ をふる。 20~30分たったら 酢水で洗って 砂糖少々を加えたに浸し30分ほど置けばできあがり。


漬かり具合の好みで 酢に浸す時間は調節してください。 私は ちょっとお醤油をつけてワサビでいただくのが好きなので これはかな~りレアな作り方。 砂糖の量は少しだけ。 入れなくてもOK。


  1. 2005/03/24(木) 16:01:26|
  2. [fish]赤身魚|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イワシのつみれ汁

tsumrejiru.jpg

みそ仕立ての つみれ汁です。 最後に青ネギをドッサリ入れるのが 私の作り方。 つみれ以外の具はネギだけだから とっても簡単。

イワシは手開きにして 腹骨をすきとり皮をむく。 小骨を切るように端から5~6ミリの厚さに切って おろしショウガ みそ 酒 少々とともに 包丁でたたく。 (今回は大ぶりのイワシ5匹に対し ショウガ 小1かけ みそ小さじ1 酒小さじ1.5くらい) 好みの粘り具合になるまでよくたたく。 多少 原型が残っているくらいでいい。 
なべにダシを入れ 沸騰したら火を弱めて つみれをスプーンですくいながら入れる。 2~3分たって浮かび上がれば火が通っているので みそで味つけする。 いつもの おみそ汁よりちょっと薄めがいいかも。
お椀に盛り 細かく切った青ネギをたっぷりのせる。


今日は大きめのイワシ5匹で 4人分くらいできました。 イワシは片栗粉などのつなぎを入れなくても ちゃんと固まります。 むしろ入れない方がふんわりとして口当たりが柔らか。


  1. 2005/03/15(火) 00:33:02|
  2. [fish]赤身魚|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

キビナゴのサラダ

20050220004851.jpg

キビナゴは お刺身にすることが多い魚ですが たまには違った食べ方を。 丸ごと揚げても 油が あまりはねないのがうれしい。

キビナゴをさっと洗って 水気を拭き 薄力粉を薄くつけて油でカラリと揚げる。
タマネギをおろしたもの大さじ1.5 市販の中華風ドレッシング大さじ2 しょうゆ小さじ1 ゴマ油小さじ1 を合わせてドレッシングを作る。
ベビーリーフを添え ドレッシングをかけていただく。


小麦粉を使ったのは香ばしさを出すため。 お好みで片栗粉でも。 今日はリケンの 「ノンオイル スーパードレッシング 中華ごま」 を使いました。 和風ドレッシングでも美味しくできます。 タマネギのすりおろしを入れるのが このドレッシングのポイント。


  1. 2005/02/19(土) 23:13:37|
  2. [fish]赤身魚|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。