さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

梅肉エキスをつくる

6月に入ると スーパーや八百屋さんの店頭に 梅の実が並びます。 昨日 光が丘IMAの八百屋さんへ行ったら 1キロ190円(!)という破格の梅を見つけました。 サイズはM~Lくらいだけど 傷んでいる様子もないし・・・群馬産でいちおう国産だし・・・ いくら出盛りでも190円は安すぎ! 思わず1キロ入りの袋を 2個 買ってしまいました。  

でも 帰って よくよく見ると2キロの梅ってかなりの量なんですよね。 最初は 全部 「梅肉エキス」 にしようと思ったけれど 手間がかかりすぎるので 半分にすることにしました。 残りの1キロは 梅酒にします! お~ 初めての梅酒だ。

で 何で 「実験室」 かというと ほかのカテゴリーに当てはまらないのと 5年ぶりくらいの「梅肉エキス」 なので 探りながら作っているからデス。

「梅肉エキス」 の基本的な作り方は まず青梅の果肉をすり下ろすところから始まります。 ところが これが大変な作業。 ホントにみんな こんなことしてるのかいな? 1キロ すり下ろしたら 腕がガクガクになっちゃいそ~。

ume_extract1.jpg
というわけで バーミックスを使うことにします。
まずは 梅の果肉をナイフでタネからそぎ落とします。 固いので多少力が要りますが 形は気にする必要なし。 木槌で割れれば それでもOK。

ume_extract2.jpg
そぎ落とした果肉を4~5回に分けて バーミックスでペースト状にします。 果肉だけだと うまく回転しないので 毎回 100~200mlの水を加えて 十分に攪拌します。
どうせ あとで煮つめるので 水分を足しても構わないのです。
うちはミキサーがないのでバーミックスを使いますが ミキサーでもうまくいくと思います。

ume_extract3.jpg
ペースト状になった果肉を サラシの布巾で漉して 果汁をなべに移します。
梅の酸が強烈なので 金属のなべはNG。 ホーローやガラス製のなべを使います。
これを火にかけて 木じゃくしでかき混ぜながら煮つめていきます。 浮いてきたアクはすくってください。

ume_extract4.jpg
色が濃くなり とろみがついてきたらできあがりです。 かなり量は少なくなります。
煮つめ加減の目安は 「酢豚や中華丼のとろみくらい」 かな(^^;) 
冷えると固くなるので ちょっとゆるめかと思うところで火を止めるのがコツ。
熱いうちに 熱湯消毒したビンに詰めます。

ume_extract5.jpg
1キロの梅で 小さいジャムのビン1つ分の 梅肉エキスができました。 強い殺菌力があるので 夏場におなかの調子を整えるのに最適です。
また 口内炎につけると 翌日にはほとんど直ってしまいます。
ただし つけた瞬間は 「!!!!!!」 なので くれぐれもお気をつけくださいね。

※ 果汁を絞ったあとの 「絞りかす」 は捨てないで。 美味しいジャムに変身します。 



スポンサーサイト

  1. 2005/06/16(木) 00:00:50|
  2. [実験室]1か月以内にできるもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

梅酒

ume_shu2.jpg

激安で買った青梅の半分で 梅酒を漬けました。 (残りの半分は 梅肉エキスに)
半年で飲めますが まろやかになるのは 1年後くらいから。 3年置けば 熟成して本当に美味しい梅酒になるのですが・・・ それまで飲まずにいられるか不安(^^;)

(4リットル瓶 1本分)
青梅 1kg のヘタを つまようじで取り 水に3~4時間つけてアク抜きする。 きれいなフキンで梅の水気をよく拭きとり 氷砂糖 250gと一緒に瓶に入れて 果実酒用ブランデー 1800ml を静かに注ぐ。 冷暗所で保管する。

※ 6/17 氷砂糖 150g追加。 合計 400g。 優柔不断だなあ・・・。


氷砂糖の量は レシピによってまちまち。 無糖 から 1kgくらいまで開きがあります。 ドライに仕上げたいので 今回は少なめ。 ただ 糖分が少ないと熟成するのに時間がかかるそう。

ume_shu1.jpg
梅が安かったので お酒の方は ちょっと奮発してホワイトリカーではなく果実酒用のブランデー。 と言っても お値段はそんなに変わらなかったけれど。
ブランデーだと 最初からコハク色なので 色がだんだん変化していく様子が見られないのは ちょっと残念。






  1. 2005/06/15(水) 17:35:17|
  2. [drinks]酒|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

イカ下足 2品

ひょんないきさつで イカ下足をたくさんいただいたので おつまみ風の料理を2つ 作ってみました。 1つはインド風の味にしたかったのですが どうかなあ・・・?

イカ下足のスパイス炒め

geso1.jpg

イカ下足 250g は 足を2~3本ずつに切り分ける。 ニンニク1かけ タマネギ1/4個は みじん切り。 赤トウガラシ1本は輪切りにする。
フライパンに サラダオイル大さじ2ニンニクを入れて火にかけ 香りが出たら タマネギ と 赤トウガラシ あれば アジョワンクミン少々を入れて炒める。
イカの水気をよく切って加え カレー粉小さじ1/2~1塩 コショウ で調味する。


アジョワンはインド料理でよく使われるスパイス。 たちまちインドの香りになるので 手に入ったら使ってみて。 インドでは おなかが痛いときの薬にもするそう。 塩 コショウの代わりに しょうゆで味つけすると また違った風味で楽しめそうです。


イカ下足とセロリの中華風炒め

geso2.jpg

イカ下足 200gを食べやすく切り分ける。 セロリ1本 赤トウガラシ1本は 薄切りにし ニンニク ショウガ 各1かけ は みじん切りにする。
フライパンに サラダオイル大さじ1赤トウガラシ ニンニク ショウガ を入れて熱し 香りが出たら イカを加えて強火で炒める。 イカに火が通ったら オイスターソース 塩 コショウで味をつけ 仕上げにゴマ油小さじ1を回しかける。 皿に盛り 青ネギの小口切りを振りかける。


イカを生のまま炒めると 他の材料まで赤っぽく染まってしまいます。 気になる方は 先にサッとゆでておきましょう。 水っぽくならないように なるべく強火で仕上げるのがコツ。



  1. 2005/06/13(月) 23:09:21|
  2. [fish]その他の魚介類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

梅ジャム

「梅ジャム」 といっても ただの梅ジャムではありません(笑)  「梅肉エキス」 を 作ったときに残った大量の絞りかすを 利用しちゃおうというもの。 絞りかすとはいえ エキス分はまだたっぷり残っているので 捨てる手はありません。 梅肉エキスの作り方は こちら。 

ume_jam1.jpg

梅肉エキスを保存ビンに移したあとのなべに 絞りかす (200g) を入れます。 
これに 水 300ml 砂糖 250g を加え 煮つめていきます。
周りについたエキスも溶かすようにして しばらく煮れば出来上がり。 固さは 水の量と 煮つめ加減でお好みに

ume_jam2.jpg
大きめのジャムのビンと 中くらいのビンに1つずつできました。 (手前は「梅肉エキス」のビン)

考えてみれば リンゴで作る 「アップルバター」 と同じようなものですね。 美味しいです♪
 


  1. 2005/06/13(月) 00:00:40|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ビワ酒をつくる

6月6日

果実酒の中でも ビワ酒は美味しいと聞いたので つくってみることにしました。 薬効も期待できそうなので できあがりが楽しみ! ただし 量はかなりいい加減なため ひとまず 「実験室」 に放り込んでおきます。

stolichnaya.jpg(材料)
ビワ (大きめのもの) 7個
ビワ 4個分のタネ
レモン 3/4個
ウォッカ (ストリチナヤ 750ml) 1本
グラニュー糖 60g

ビワは表面をきれいに洗って 水気を拭き 軸をとって保存ビンに入れる。 タネも洗って水気を拭いて ビンへ。 レモンは皮をむき 適当に切って これもビンへ。
あとはグラニュー糖を入れて ウォッカ (40度) を注ぐだけ。 アルコール度数の高いものがよさそう。


biwa.shu.jpg仕込んだ直後。♪

ビワは 果肉よりタネに 香りや薬効の成分がたくさん含まれているようです。 ということで 今夜 デザートに食べたビワのタネも入れちゃいました(^^;) これからも食べたらタネを足していこう。
ビワの実は 何ヶ月かしたら引き上げて タネだけを再度 漬けるといいらしいです。
まあ 詳しいことは 追々 調べるとして。

レモンが3/4個とハンパなのは 単に冷蔵庫にそれだけしか余っていなかったから (汗)  もう少し足した方がいいかもしれない・・・
砂糖60gは 果実酒としては少ないけれど 甘すぎるのは苦手なので 少なめにしてあとで調節することにします。 氷砂糖がなかった・・・残念! 


7月1日

biwa.shu2.jpg
うわ! しばらくぶりに出してみたら ビワの色が変わってるよぉ! 
ところどころ 茶色くなって まるで打ち身みたい・・・

まずい 腐ってきたかな? と思って あちこち検索すると どうやら心配することはなさそう。 漬けてしばらくすると たいていこんな風になるらしい。 

変な匂いもしないし 実はちゃんとお酒に浸かっているので このまま放置することに決定。 でも レモンはそろそろ引き上げた方がいい? 見た目、ちっとも変化がないんだけど・・・
まあ もう少しこのまま置いてみます。


3月2日

biwa.shu3
何と8か月ぶりに保管場所をのぞいてみました! コハク色に変わって なんかとてもイイ感じ。 レモンは8月ごろに取り出してありました。

当然のごとく ちょっとお味見。 
おお、香りは最高!

でもベースがウォッカのせいか アルコールが まだキツイ。 う~ん まろやかになるまで もうすこしかかりそうだ・・・ それと 甘すぎるのを恐れて 砂糖少なめで作ったのはいいけれど やっぱりもう少し甘い方が好みだなあ・・・

というわけで 氷砂糖30gを足して 再度 お休みいただくことにしました♪


8月18日

biwa.shu4.jpgふと ビワ酒の存在を思い出し (笑) この際なので 漉して保存用のビンに詰め替えることにしました。 お酒の色もずいぶん濃くなったし 1年2か月もねかしたので もういいでしょうね。

ビワはすっかり茶色くなって 取り出してみると まるでラーメンの上にのっている煮玉子(笑)  切ってみると中まで茶色。 う~ん 煮玉子だったら かなりしょっぱそうだ! 思わずかじってみたら マズ~ でした!


biwa.shu5.jpg
出来上がったお酒は 入れた量とほぼ同じ。 ビワの中でエキスとアルコールが交換されたんでしょうか? きれいなコハク色です♪

3月に味見したときのツンツンした感じはなくなり とてもまろやかな口当たりになりました。 個人的な好みを言えば もう少し酸味が欲しいかも。

煮玉子と化したビワは コンポートやジャムに再利用しても美味しくなさそうなので たぶん廃棄処分です。 ビンに移してからも熟成は進むそうなので まだまだ美味しくなりそうで楽しみ!


  1. 2005/06/06(月) 02:32:57|
  2. [実験室]1か月以上かかるもの|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:6

シーザーサラダ

Caesar_salad.jpg

スーパーで ロメインレタス を見つけました。 これが手に入ったら シーザーサラダで決まりでしょう♪ 市販品にも美味しいドレッシングが たくさんありますが 今日は自家製で。

まず ドレッシングを作る。 大きめのボウルに 卵黄1個 ニンニク1かけのすりおろし 粒マスタード (練り辛子でも) 小さじ1 アンチョビ3~4枚のみじん切り レモン汁 大さじ1 を入れてよく混ぜる。 エキストラバージンオイル 大さじ2 を加えてさらに混ぜ 塩 コショウ 少々で味を整える。 この時点では ちょっと薄いかな というくらいの味に。
ロメインレタス (なければ 普通のレタスでも) を食べやすい大きさに切ったものをたっぷり用意し クルトンと一緒に ドレッシングの入ったボウルに入れて 全体をさっくり混ぜ合わせる。 
器に盛り 上からパルメザンチーズをかける。

アンチョビ と パルメザンチーズ に塩気があるので ドレッシングの塩は控えめにしましょう。 カリカリに焼いたベーコンを加えてもいけます。 
ドレッシング作りが面倒なときは レタスの上にカリカリベーコンと クルトンと かなり柔らかめの半熟卵をトロ~リとかけ 市販のドレッシングをかけて食べちゃいます。 このパターンも好き!


  1. 2005/06/05(日) 03:07:48|
  2. [vegetables]葉物野菜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

ズッキーニのフライ

courgette.jpg

ズッキーニはカボチャの仲間なのだそう。 油と相性がよく 火の通りも比較的早い野菜です。

ズッキーニは 半分の長さに切って 4つ割り。 クッキングペーパーで水気を拭き 軽く 塩 コショウ を振って 普通のフライのように 小麦粉 卵 パン粉 の順につける。
中温のでカラッとキツネ色に揚げ レモン ケチャップ タルタルソース など お好みのものを添えていただく。

ズッキーニ そのものに 強い個性はないので 添えるものによって いろいろな味が楽しめます。 パン粉に パルメザンチーズ や パセリ などを混ぜても美味しい。 これからの季節 ビールによく合います。


  1. 2005/06/02(木) 01:29:28|
  2. [vegetables]実物野菜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。