FC2ブログ

さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

リモンチェッロ



イタリアのレモンを使っていないから 正確に言うと 「リモンチェッロもどき」 かも。 でも ほぼ満足のいく仕上がりです! すっぱくないのに レモンの香りが強烈な甘いリキュール。 冷凍庫で冷やして食後酒に。 ソーダ割りやカクテルにも良さそう。 

ノーワックス 無農薬のレモン 8個 の皮をむく。 白い部分がついていると苦くなるので できるだけ削り取る。 
蓋のできる広口のガラス瓶にレモンの皮を入れ ウォッカ (スピリタス 96度) 500ml を注いで蓋をし 冷暗所で1週間保存。 途中 2~3回 瓶を振って エキスの抽出を促進する。
1週間たったら 白くカチカチになった皮を取り出す。 ミネラルウォーター 500ml を温め グラニュー糖 350g を溶かす。 なるべく沸騰させない。 このシロップを十分に冷まして 皮を取り出したウォッカと合わせる。 透明なレモン色だったウォッカが クリーミーな色に変化する。
2~3時間おいてなじませたあと コーヒーフィルターなどで漉しながら 瓶に詰める。 すぐに飲めるが 2週間~2か月くらいねかせると より美味しい。

今回は やや緑色の残ったレモンを使いました。 レモンの色によって 出来上がりの色が変わります。 本場では 90度以上の純粋なアルコールを使うようですが 日本では手に入らないので スピリタス (写真の瓶のウォッカ) で代用。 アルコール度数が高いので 火に近づけないようくれぐれも注意を!  引火します 

スポンサーサイト

  1. 2006/03/20(月) 23:07:06|
  2. [drinks]酒|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

レモンカード



爽やかな食後酒を作ろうと思い 比較的 簡単にできる 「リモンチェッロ」 など 仕込んでみました。 リモンチェッロはレモンの皮だけを使うので あとには8個分もの果肉が・・・(汗) そこで 5個はレモンジャムに 残りの3個はレモンカードにしました。
レモンカードは イギリスでよく見かけるクリーミーなスプレッド。 パンやスコーンにつけて食べるとレモンの香りが口いっぱいに広がります。 レモンパイのフィリングにも使えます。 

小さいなべか金属製のボウルの中で 卵 3個 をよく溶き 砂糖 220g を加えて混ぜる。 無塩バター150g を電子レンジにかけてやわらかくし レモンの絞り汁 (3個分) レモンの皮のすりおろし (1個分) と共に 卵の入っているなべに入れる。
大きめのなべにお湯を沸かし 弱火にして材料の入っている小なべを浮かせて湯煎にする。 混ぜながら温め バターが完全に溶けたら 1度 ザルで漉す。
再び湯煎にかけ 加熱していくと 周りから濃度がついてくるので 固まらないようによく混ぜる。 全体にとろみがつき なめらかになったら湯煎からおろす。 冷めると固くなるので やわらかすぎるかなと思うくらいでOK。 熱いうちにジャムの瓶などに詰める。

この分量で 写真くらいのジャムの瓶 2個半ほどの量ができます。 今回 レモンの皮は 全部 リモンチェッロ に使ってしまったので入れませんでした。 皮が入るとより香りがよくなりますが その場合は 必ず ノーワックス 無農薬(or 減農薬) のレモンを使いましょう。
 
リモンチェッロの作り方は こちら


  1. 2006/03/13(月) 22:42:08|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

特製シュウマイ



スーパーの棚には 各メーカーが工夫をこらしたシュウマイがたくさん並んでいますね。 それはそれで美味しいのだけれど 一度は自分で作ってみて。 目からウロコの味に出会えます。 柔らかさ ジューシーさ 香りの良さが 市販品とはまったく違います。

(6cm角くらいの皮 約35個分)
豚ひき肉 (脂肪が多めのもの) 200g をボウルに入れ 塩 小さじ1 を加えて 白っぽくなるまでよく練る。 缶詰のホタテ貝 1缶 (固形量60g) を入れてさらに練る。
タマネギ 1/4個 のみじん切りに 片栗粉 大さじ1 をまぶし 豚肉のボウルに入れる。 ホタテ貝の缶詰の汁 1缶分酒 (あれば紹興酒) 大さじ2   中華スープ 大さじ2~3  塩 小さじ1/2(缶詰の塩分によっては入れなくてもよい)  しょうゆ 小さじ1  ゴマ油 小さじ1  コショウ 少々 を入れて さらによく混ぜ 柔らかめのタネをつくる。


shuumai_1.jpg
このあと さらにスープを少し加えました。 ちょっと柔らかすぎるかな と思うくらいで大丈夫。

スイートコーンなど お好みの具を加えても楽しいですね。

シュウマイの皮 (今回は6cm角くらいの小さめのものを使用) に包む。 左手の親指と人差し指で輪を作るようにし その上に皮をのせて 豚肉のタネをスプーンなどで詰めていく。


shuumai_2.jpg
やや縦長に形作り 上を少し狭めるようにすると出来上がりがきれい。 蒸してしまえば分からないので 多少の不格好は気にする必要なし。
上にグリンピースをのせても!

せいろ か 蒸し器で10分ほど蒸せば出来上がり。

タマネギに片栗粉をまぶすのは 水分が出てしまわないようにするため。 豚ひき肉は 「赤身」 ではなく 脂の多いものを使ってください。 アツアツを酢醤油と辛子で食べると とってもジュ~シ~♪


  1. 2006/03/06(月) 13:42:23|
  2. [meat]豚肉|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

塩豚とキノコのパスタ

mushroom_pasta

ジェイミー・オリバーが作っていた ソーセージとキノコのパスタをアレンジ。 というか イタリアン・ソーセージがなかった・・・

(1人分)
塩豚 (作り方)70gを 細かく切る。 ひき肉のように小さくしてしまうと面白くないので 歯ごたえのある大きさに。 キノコ類 100g は大きければ適当に切り 手で裂いておく。 これもあまり小さくしない。
フライパンにオリーブオイル大さじ1ニンニク 1かけ のみじん切りを入れて火にかけ 香りが出てきたら タマネギ 1/2個 のみじん切り ちぎったタカノツメ1/2本 を加え タマネギがしんなりしたら 塩豚 と キノコを入れて、5~6分かけて十分に炒める。 あれば 途中で ドライトマト (オイル漬け) 1枚 の細切りと ハーブ (タイム ローズマリーなど) 少々を加える。
パスタ (今回はリングイネ) 100g を固めにゆで 湯を切って 具材を炒めたフライパンに入れて弱火で温めながら混ぜる。 パルメザンチーズ 大さじ1~2パスタをゆでた湯 1/3~1/2カップを加えて手早く混ぜ 塩 コショウで味つけする。
器に盛り エキストラバージンオイル 少々を振りかける。

パスタは スパゲッティでも もっと幅の広いタリアテッレでも大丈夫。 キノコは ウスヒラタケ という見たことのないものを使いましたが 味がよく出て美味でした。 できれば何種類かを混ぜて使いたいところ。 ドライトマトは オリジナルレシピには入っていませんでしたが 全体の味を引き締め GOODでしたよ♪ ジェイミーに教えてあげなくちゃ!


  1. 2006/03/02(木) 02:20:28|
  2. [rice & noodles]パスタ・麺類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

菜の花のオリーブオイル炒め

nanohana

菜の花が八百屋さんの店先に並ぶと 春が近づいてきたのを感じますね。 見つけたら真っ先に作るのは カラシ和え。 そして その次に作るのがこれ。

菜の花 1束 の下の部分を少し切り落とし 長さを半分に切る。 パンチェッタ(またはベーコン) 20~30g は 細く切っておく。
フライパンに オリーブオイル 大さじ1 を熱し 中火でパンチェッタを炒める。 カリカリになりかけるまでよく炒めたら 菜の花を生のまま入れ 火を少し弱めて 軸が柔らかくなってくるまで炒める。 ただし ぐったりするまで 火を通しすぎないように。 
塩少々で味つけ。 お好みで しょうゆをほんの少したらしてもいい。

ゆでずに炒めるので 菜の花の味がギュッと凝縮されています。 ほろ苦さがオリーブオイルの香りによく合います。 パンチェッタを入れずに 菜の花だけで作っても美味! (いつもはこっちの方が多い) パンチェッタの作り方はこちら


  1. 2006/03/01(水) 23:31:15|
  2. [vegetables]葉物野菜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。