さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

梅干し!



梅干しが出来上がりました! 去年 ちょっぴりテストで作ったので 今年は2年目。 店頭で大きな南高梅を見つけて塩漬けしたのが6月の終わり。 1か月少々で こんなのができてしまうなんて面白い。 やっぱり梅干しは 添加物なしでないとね。 作り方は ごく一般的なものなので 分量と手順だけを簡単に。

(材料)
完熟の南高梅 2kg 
塩 (今回は南オーストラリア産の自然海塩) 360g (塩分18%)
焼酎 (またはホワイトリカー) 200ml
紫蘇1把 (今回は買い損なったので市販の「もみしそ」)
紫蘇のアクだし用の塩 適量


南高梅を洗ってヘタをとり よく拭いたあと 焼酎と塩ををまぶしながら保存ビンに詰めていく。 全部入れ終わったら 残った塩と焼酎を上からかけ 落とし蓋をして重しをのせる。 完熟梅なので重しは軽め。1~2日して梅酢が梅の上まであがったら 梅が浮かない程度に重しを軽くする。
紫蘇が出回ったら 葉をちぎり取り よく洗って水を完全に乾かし 塩 少々 で よく揉んで出たアクを捨てる。 同じことをもう1度繰り返してアク出しが終わったら 梅酢 少々を入れて発色させ 梅の上にのせる。 (でも今回は紫蘇を買い損ね 「もみしそ」 で代用。 そのせいか発色がイマイチだなぁ・・・) このまま梅雨明けの晴天が続く頃まで冷暗所で保存。 
ザルに半紙を敷いて 梅を並べ3日間干す。 1日目だけ干したあと梅酢に戻した。 干している途中で 毎日1~2回ひっくり返す。
干し上がったら清潔な保存ビンに入れる。

これはごく基本的な方法で 梅の熟度や 塩味の濃淡 干し方の好みなどによって 千差万別の作り方があるようです。 出来上がりをすぐ食べてもフレッシュで美味しいけれど 半年くらい経つと味がまろやかになります。 添加物を入れていないので 何年でも保存可。
 
umeboshi1.jpg今回の梅は 3Lくらいの かなり大きなものでしたが 中に1個 特に巨大なのが混じっていました! すごいでしょ。 食べるのに勇気がいりそう。

干している時の梅は 温かくて やわやわで 何とも言えないいい香りがします♪ 

2kgの梅で Weckの500mlキャニスター 2個 290mlと220mlのキャニスター にそれぞれ1個分の梅干しができました。
あと つまみ食いしたのが2つ (笑)




スポンサーサイト

  1. 2006/08/06(日) 03:07:59|
  2. [preserves]保存食|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

ピーチメルバ



大好きなピーチメルバ!! 和風のお皿に盛りつけてみたら ちょっと面白い。 本来なら 添えるのはストロベリーソースなんだろうけど 美味しいピーチレモンジャムができたので のせてみたらこれが意外なほどピッタリでした♪

バニラアイスクリーム を器に盛り 桃のコンポート を添え ピーチレモンジャムをトッピングする。

ピーチレモンジャムの作り方:
桃ワインから取り出した 桃 2個分 の皮をむき細かく刻んで ホーロー鍋に入れる。 レモンジャム 1/2カップ を加え 弱火で煮つめていく。 途中で グラニュー糖 適量 を加えて好みの甘さにする。 とろみがついてきたら火を止め 熱いうちに消毒したビンに詰める。

今回は リモンチェッロで余った果肉を利用した自家製レモンジャムを使いました。 レモンの果肉を刻んでグラニュー糖で煮ただけのシンプルなジャムです。 桃はレモンジャムと合わせると きれいなアメ色になり 味もハッキリしてとても美味しいジャムになりますね。 いくつかの果物やスパイスを組み合わせてジャムを作ると 意外な美味しさを発見することがあります。


  1. 2006/08/03(木) 01:51:24|
  2. [sweets]焼かないもの|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ゴーヤーチャンプルー



あちこちのブログで 美味しそうなゴーヤーチャンプルーをたくさん拝見しました。 マネして作ってみると さすがにどれも いいお味! ところで私はなぜか 「みそ味」 で作ることが多いのです。 最初に教えてもらったのが みそ味だったからかも? あまり見かけないので載せてみました。

ゴーヤー 1本 は 半分に割り 種をとって5~6mm幅の斜め切りにする。 木綿豆腐 約200g は 水を切って食べやすい大きさに切る。 もしくは軽く手でつぶしてもOK。 豚バラ肉 (薄切り) 100g  シイタケ 2枚 も ゴーヤーと同じくらいの大きさに切っておく。
味噌 大さじ2 しょうゆ 小さじ1 酒 大さじ2 ダシ汁 大さじ2~3 を混ぜ合わせて合わせ調味料を作る。 味噌の塩味によって 量は調整。
フライパンに サラダオイル 大さじ1 を熱して豚バラ肉を炒め 色が変わったら軽く 塩 コショウ で下味をつける。 そこに豆腐を加え 少し色づいてきたら ゴーヤーとシイタケを入れて炒めていく。
ゴーヤーがやわらかくなり始めたら 合わせ調味料を入れてよく混ぜ 最後に 卵 1個 を溶いて回しかけ ひと混ぜして火を止める。 盛りつけて上に 削り節 をのせる。

ゴーヤーの苦さがニガテなら サッと下ゆでするといいようです。 最後にゴマ油を ほんの少し入れても美味しいですね。 この季節 ビールにとってもよく合いますっ


  1. 2006/08/03(木) 00:29:39|
  2. [vegetables]実物野菜|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

桃のコンポート



届いた桃がいくつか余ったので 新鮮なうちにコンポートにします。 「果物を愉しむ100の方法」 のスパイスコンポートを参考に煮てみました。 桃の香りとスパイスの風味がマッチして これはかなりのオススメです!

桃 (300gくらいのもの) 5個 の皮をむいて 果肉を大きめにそぎとる。
ホーローの鍋に切った桃を入れ 白ワイン 375ml (ハーフボトル1本) 水 200ml グラニュー糖 220g  シナモン 2本  バニラ棒 1/2本  八角 1個  クローブ 4個 を加えて強火にかける。 沸騰したらアクをとり 落とし蓋をして 弱火で20分ほど煮てそのまま冷ます。
シロップごと保存容器に移し 冷蔵庫で保存する。


peach_compote1.jpg
煮ている時はこんな感じ。 スパイスのいい香りがキッチンに広がります♪

アクをすくったら 落とし蓋を。

よ~く冷えたものを そのまま もしくはアイスクリームに添えると とても美味しいデザートに(*^_^*)  カスタードクリームと一緒に ピーチパイのフィリングにしてもイケそうです。 甘さ控えめなので 2~3日して余っていたら一度火を入れた方が安心ですね。


  1. 2006/08/02(水) 12:07:41|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。