FC2ブログ

さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

パンプキンパイ



街角のディスプレーに やけにハロウィンの飾りが目立つ 今日この頃。 これもバレンタインと同じく お菓子屋の陰謀か。
かく言う私も 夏に地方の農協の直売所で見つけたカボチャをねかしてあったので パンプキンパイを作ることにしました。 いつもお世話になっているゲームカフェへの差し入れにしよっ! 使ったカボチャは オレンジ色で皮が薄く 肉質はなめらかでナイフを入れるとサクッと切れました。
そして何より面白いのが その形。 一番下の写真をご覧ください。 何という種類なのかは不明ですが 通称 「胃袋カボチャ」 だそうです(^^)  なるほど 確かに。

(22cmのパイ皿 1枚分)
<まわりのパイの部分>
無塩バター 120g を 1~2cm角に切り 強力粉を薄くまぶして冷やしておく。 
薄力粉 230g  全粒粉 20g  塩 小さじ1 を ボウルにふるい入れ バターを入れて スケッパーで切っていく。 バターが細かくなり 全体がパン粉のようにサラサラの状態になったら 冷水 50~60ml を注いで生地をひとまとめにする。
打ち粉 (強力粉) をふった のし板に生地をのせ ボロボロくずれてくるのはあまり気にしないで めん棒で押して細長く伸ばしていく。 30cmくらいの長さまで伸ばしたら左右から3つに折りたたみ 90度回転させて また同じように伸ばして3つ折り を繰り返す。 3~4回繰り返すと なめらかな生地になるので 最後に3つに折りたたんだ状態でラップにくるみ 冷蔵庫で30分ほど休ませる。
打ち粉をした台に生地を取り出し めん棒でパイ皿より二回りくらい大きく伸ばす。 パイ皿に生地をかぶせて密着させ まわりの余分な生地をナイフで切り落とす。 アルミホイルで全体を覆って ホイルの上から重しをのせる。 重しは専用のものがなくても 小豆で代用可。
オーブンを200度に熱し 30分間 カラ焼きする。 途中 15~20分たったところで アルミホイルごと重しを取り除く。
<フィリング>
カボチャ (正味280g) の皮をむき種を取り除いて 2~3cm角に切っておく。 浅い皿などにカボチャを並べ ラップをして竹ぐしがスッと通るまで電子レンジで加熱。 熱いうちにボウルに移し 泡立て器でつぶすか バーミックスでなめらかにする。 ミキサーやフードプロセッサで作業してもOK。
カボチャがなめらかになったら 砂糖 100g サワークリーム 90ml エバミルク 30ml コーンスターチ 大さじ1.5  スパイス類 【シナモンパウダー 小さじ3/4  ジンジャーパウダー 小さじ1/2  クローブパウダー(またはナツメグパウダー) 少々】  卵 1個 を ひとつずつ順番に混ぜていく。
全部が混ざったら ザルなどで一度 漉して 粗い繊維を取り除く。 この段階では 6~7分立ての生クリームくらいのやわらかさ。(参考)  カボチャの種類によっては 水分が少なく フィリングが硬くなるので エバミルクか生クリームを補って やわらかくする。
<仕上げ>
カラ焼きしたパイに フィリングを流し入れ 180度に温めておいたオーブンで40~45分焼く。 焼けたら型に入れたまま冷ます。

冷蔵庫で ひと晩ねかせれば よりしっとり落ち着きます。 少量の砂糖を加えて泡立てた生クリームやバニラアイスクリームを添え パラッとシナモンパウダーを振りかけると おしゃれなデザートに! 

pumpkin.jpg

これが 「胃袋カボチャ」

皮の赤いカボチャは やや筋っぽいのですが 水分が適度にあるので お菓子作りに向いています。


スポンサーサイト

  1. 2006/10/26(木) 23:10:49|
  2. [sweets]焼き菓子|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

★脱気保存の方法★

ジャムやプリザーブを作ったとき 瓶詰めにして 「脱気」 しておくと 常温で長期間保存することができます。 家庭で簡単にできる方法をご紹介します。 蒸し器を使う方法もありますが 鍋ひとつで より手軽にできる方法を。

まず 詰める瓶とフタを熱湯消毒しておく。 深めの鍋に湯を沸かし 瓶とフタを入れて1~2分煮沸し やけどをしないように箸などで取り出して きれいなフキンに伏せ 自然に乾かす。

作ったジャムやプリザーブが できれば熱いうちに 消毒した瓶に詰める。 ギリギリまで入れると吹き出すことがあるので 5~8mmは 上をあけておく。 

瓶を入れてフタの閉まる鍋に 瓶の高さの8割くらいの量の湯を沸かす。 瓶が踊らないようにフキンを1枚たたんで入れ その上に食品を詰めた瓶をのせる。 瓶にフタをのせ 落ちない程度に軽くしめる。 瓶の内部と気体が流通するようにしたいので 締めすぎないこと。

鍋にフタをして 弱火で加熱する。 鍋のフタはわずかにずらして 蒸気が逃げるようにしておく。 普通のジャム瓶くらいのサイズなら 20~25分 もう少し大きければ 25~30分程度。

加熱が終わったら すぐに瓶を取り出してフタを固くしめ ひっくり返して冷めるまで置く。 こうすると 万一 フタの裏に雑菌が残っていても 死滅するので より安全。

瓶を取り出すときにやけどをしないように 十分に注意してください。 専用のトングがあれば問題ないのですが 普通はなかなかないので 厚めに折ったフキンでつかむなど工夫して 慎重に取り出します。 こうして脱気しておくと 食品にもよりますが かなりの期間保存できるので たくさん作ったときに便利。 どなたかに差し上げるときも安心です。


  1. 2006/10/06(金) 17:02:41|
  2. [preserves]★脱気保存の方法★|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:2

栗の渋皮煮



今年 初めての渋皮煮です。 ちょっと虫食いの多い栗だったので 結局 出来上がったのは20個くらい。 まあ、今回は テストということで 保存用は そのうちにまた作りましょ(笑) 作っておくと お茶うけのほかに お菓子作りにも使えるので便利。

大きめの栗 20~25個 を熱めの湯にしばらくつけて皮をむきやすくする。 栗むき器か小さな包丁で 下のザラザラの部分から 渋皮を傷つけないように鬼皮をむく。 むいた栗は 水につけておく。
なべに栗と 完全にかぶる量の水を入れ 重曹 大さじ1 を溶かして 5~6時間から半日くらい置いておく。
なべを火にかけ 沸騰するまで強火 沸騰後はごく弱火にして アクをすくいながら10分間煮る。 なべをシンクに運び 水を静かに注いで 煮汁ときれいな水を入れ替え しばらく流水にさらす。 熱い栗の表面が空気に触れると 皮が破れてしまうため。 冷めれば大丈夫。
※煮るとき 渋皮が鍋底に貼り付くと破れるので クッキングペーパーを鍋底に1枚敷いておくこと。 こうしておくと安心。
渋皮を 指でなでて 表面の繊維をきれいに取る。 固いすじが取れないときは つまようじで皮を破らないように注意して取る。 このあとも きれいにするチャンスはあるので 取れないところは無理に取らなくてもいい。 
栗を再びなべに入れ また たっぷりの水を入れて 重曹 大さじ1/2 を加えて火にかける。 沸騰したら アクをとりながら ごく弱火で10分間煮る。 10分たったら また前のようにして水にとり 表面をきれいにする。 重曹を大さじ1/2ずつ入れながら 同じことを あと2回繰り返す。 食べてみて固いようなら もう1回。
なべに 砂糖 600g 水 600ml を入れて火にかけ 砂糖が溶けたら 栗を入れ 煮立ったところで火を止めて そのままひと晩ねかす。
翌日 火を入れて 沸騰後 ごく弱火で30分煮る。  栗を取り出し シロップを 2/3くらいまで煮つめて 栗を戻し さます。 あら熱がとれたら 好みで 洋酒 大さじ2~3 を。 シロップごと 冷蔵庫で保存。

ふう~! 長くなってしまいましたが 作業はとても単純です。 ちょっと時間はかかりますけど(^^;)
皮をむくときのキズは 小さなものなら大丈夫。 でも 大きくなると煮くずれますからご注意。 ごくごく弱火で静かに沸騰させることと 熱い栗を空気に触れさせないのが 失敗しないコツでしょうか。 洋酒は 私の場合はブランデーかラム。 でも 他のものでも合いそうです。 今回は コクを出すために三温糖にしましたが もちろん別の砂糖でも♪


  1. 2006/10/06(金) 13:34:35|
  2. [sweets]和菓子|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

冬瓜のそぼろ煮



「冬瓜」 と書いて夏野菜。 大きくて使い切れなかったので ご飯のおかずになりそうな そぼろ煮にしてみました。 冬瓜は それ自体にあまり味がないので お総菜にするときは はっきり目の味をつけた方がよさそうです。

冬瓜 600~700g の種をとり 皮をむいて 3cm角くらいの大きさに切る。 ショウガ 1かけ 長ネギ 5cm を みじん切りにする。
鍋に サラダオイル 大さじ1 を熱し ショウガとネギ を軽く炒め 豚ひき肉 100g を加えて ひき肉が白っぽくなるまで炒める。 水 3カップ 中華だし(顆粒) 小さじ2 と 冬瓜を入れて強火にかけ沸騰させる。 水は ひたひたの量で調整。
沸騰したら あくをとり 砂糖 酒 醤油 各大さじ1  みりん 小さじ1  塩 小さじ1/2 を入れ 蓋をして弱火で冬瓜が柔らかくなるまで煮込む。 煮汁が2/3くらいになったら 味をみて 足りなければ みりんか塩で整える。 
水溶き片栗粉 適量 でとろみをつけ 香りづけに ゴマ油 小さじ1/2 を加えて完成。 ゆでたインゲンなどの 青みを散らす。

青みの代わりに おろしショウガを添えても さっぱりして美味しいです。 冬瓜 600~700g は スーパーで1/4くらいに切って売っているもの。 但し 個体差が大きいので ご注意。 


  1. 2006/10/03(火) 09:47:19|
  2. [vegetables]実物野菜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。