さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

赤ミズとコンニャクの炒め煮



「赤ミズ」 という山菜をご存じの方いらっしゃいますか? かくいう私も知らなかったのですが 八百屋さんの店頭に見慣れない山菜があったので ご主人に聞くと 「赤ミズ」 というのだそう。 原型は こんな感じ。 最近変わった山菜を見つけると つい手を出してしまう私は 思わず1束ゲット。 ついでに食べ方も聞いて作ってみました。

赤ミズ 1把 (15~20本くらい) の 葉を取り去り 茎だけにする。 根元 5センチくらいの赤い部分は 別の料理に使うので切りとっておく。 残りの茎を5センチくらいの長さに切りそろえる。
コンニャク(ミニサイズ) 1個 を 赤ミズと同じくらいのサイズに細く切る。 豚肉 50g くらい も同じようなサイズに切る。 今回は 豚トロ 4枚 を使用。 食感がしっかりしていていい。
鍋に サラダオイル大さじ1~2 を熱し 豚肉 コンニャク 赤ミズ の順に炒める。 豚肉が白くなり 全体に油が回ったら ダシ 1カップ 酒 砂糖 しょうゆ みりん で味つけする。 (計るの忘れちゃいました!!!) 煮つめると味が濃くなるので 最初は薄めに。 ただし 甘さと塩味のバランスだけは慎重に決める。
中火程度で煮つめてゆき 煮汁がほぼなくなって照りがでてくれば 出来上がり。

赤ミズはシャキシャキしていて いい歯ごたえ。 クセがないので いろんな料理に使えるようです。 豚肉の代わりに油揚げでもいいですね。
残しておいた根元の赤い部分は 生のまま細かく刻んだあと まな板の上で ひたすら包丁でトントンたたいていくと あら不思議! ねばねばフワフワの物体になります。 これを味噌で味つけして ご飯にのせていただきました。 「赤ミズとろろ」 と言うんだとか。 初めて食べる 軽~い食感の珍味でした。 見かけたら ぜひお試しあれ。

スポンサーサイト

  1. 2007/05/25(金) 20:34:51|
  2. [vegetables]葉物野菜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ホタルイカと春キャベツのパスタ



生や ゆでたホタルイカがたくさん出回っています。 シーズンなのでしょうか。 酢味噌でいただくのが好きなのでよく買いますが 余ってしまうことも。 そんなときは翌日 春キャベツとパスタにするとまた違う感じで楽しめるのでオススメ!

(1人分)
ゆでたホタルイカ 適量 の 目玉を取る。 軟骨もとれたらとる方がいいが 面倒なら食べるときに出せばいい。 春キャベツ 2~3枚 はザク切り。 ニンニク 1かけ は 叩きつぶしておく。 鷹の爪 1/2本 は そのまま。 辛いのが好きなら細かく切る。 
スパゲティ 100g を 多めのを入れた熱湯で硬めにゆでる。 スパゲティがゆであがる20秒ほど前に キャベツを入れ ザッと混ぜて一緒にザルにあける。 ゆでた湯は少しとっておく。
フライパンに オリーブオイル 大さじ1 と ニンニク 鷹の爪 を入れて弱火にかけ 香りが立ったらホタルイカを加えて 温める程度に火を通す。 白ワイン 大さじ2 を加え アルコールをとばす。
ゆでたスパゲッティとキャベツを加えて混ぜる。 水分が足りなければ ゆでたときの湯を加えて調整。 塩 コショウ で味を調え 盛りつけて エキストラバージンオイル 少々 を振りかける。

パスタっていいですね。 ホントにあっという間にできちゃいます。 時間がないときのお助け料理。


  1. 2007/05/23(水) 00:30:45|
  2. [rice & noodles]パスタ・麺類|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

コシアブラの天ぷら



コシアブラという山菜の天ぷらです。 これも 下の 「木の芽」 と同じく 旅先で手に入れました。 ちょうどシーズンだったようで どこへ行っても この天ぷらが出てきました。 最近は スーパーでも見かけることがあります。 独特の香りをもつ 美味しい山菜。


  1. 2007/05/02(水) 11:57:49|
  2. [vegetables]葉物野菜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

"木の芽"のおひたし



「木の芽」 というと 一般的には 山椒の若葉を指しますが 地方によっては 「アケビの芽」 をこう呼んでいるようです。 いつも拝見しているブログの管理人 ばぶおさんからお聞きしていたので 旅先で見かけて思わずゲット! 調理法もアドバイスを参考にさせていただきました。 

akebi_no_me1.jpg
これが調理前の"木の芽"。

長さ20cmほどの細い蔓で 触るとぽきんと折れてしまうくらい みずみずしくて柔らかい。

さっとゆでて 冷水にとります。 ゆですぎないのがポイント とのことなので 30秒ほどで上げました。

しばらく水にさらしたあと 長さ3cmくらいに切って 器に盛り ウズラ卵の黄身を落とします。 これに 鰹節と しょうゆ (私は濃く調味したダシじょうゆにしました) をかけていただきます。
爽やかなほろ苦さが なんとも言えません! 歯ごたえもシャキシャキして美味しい! 今年は 珍しい山菜をいただきました。


  1. 2007/05/01(火) 13:04:28|
  2. [vegetables]葉物野菜|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。