FC2ブログ

さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

梅ジュース



今年は梅ジュースを3回作りました。 先週末に見つけた青森産の青梅で作ったこれが 今年最後の梅ジュース。 さすがにもう 青梅は見かけなくなりましたね。 これ以外に梅仕事として 黒糖梅酒 と 梅干し を作りました。 梅干しは 梅雨が明けて真夏の太陽が照りつけるようになったら 干して完成させます。

青梅 1kg を きれいに洗い 水分が残らないように十分に乾かす。 梅の なり口(ヘタ) を つまようじなどでとり 殺菌した保存ビンに入れる。 氷砂糖 1kg を 梅の間に3~4回に分けて入れ 一番上には多めの氷砂糖をのせる。 酢 1/2カップ を注いで 蓋をする。
毎日 ビンをゆすったり かき混ぜたりして できるだけ早く氷砂糖を溶かし 浸透圧で梅の果汁を出すようにする。 
2~3週間して 氷砂糖がすっかり溶け 梅がシワシワになったら (傷のある梅はぷっくりふくれたままでシワシワにはならない) キッチンペーパーなどで漉して 保存用のボトルに入れ 冷蔵庫で保存する。

写真のものは 出来上がるまでに あと1週間くらいかかるでしょう。 氷砂糖がすっかり溶け 梅がもっとシワシワになれば完成です。 底の方の糖度がどうしても高くなるので よく混ぜて梅の果汁を早く出すようにしましょう。 室温で作るので あまり時間がかかると発酵することがあります。
完成した梅ジュースは 水やソーダで5~6倍に薄め 氷を浮かべれば クエン酸たっぷりの夏にピッタリのドリンクに。 冷蔵庫なら1年くらいは 余裕で保存可能です♪

※ 梅ジュースに使った梅の再利用法。
かぶるくらいの水と一緒に煮て 梅がふっくら柔らかくなったら つぶして種を除き 砂糖を加えて煮つめてジャムにします。
もうひとつ・・・ シワシワカチカチになった梅に ホワイトリカー ウイスキー ブランデー などをひたひたに注いでおくといわゆる 「カストリ梅酒」 ができます。 好みで砂糖を加えても。  不思議なことに これは一般の梅酒よりずっと早く 1か月くらいから飲めるようになります。

スポンサーサイト

  1. 2007/07/23(月) 04:46:35|
  2. [sweets]果物|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。