FC2ブログ

さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

真鯛とキスの刺身


真鯛をいただきました。 30cmもある立派なのを! 真鯛の後ろに写っているのは季節のアケビです。

madai.jpg真鯛は 3枚におろして腹骨をすきとったあと 血合い部分の骨を取り除いて 上身と下身に分けます。

皮を上にして まな板にのせ ふきんをかけて上から熱湯をサッとまわしかけます。 すぐ氷水にとり 引き上げたら水気を拭いてお刺身に。

皮だけ熱を加える この霜皮づくりにすると 皮と身の間の上品な脂が生きてホントに美味しい。 アラも潮汁にして美味しくいただきました!


kisu.jpg左手前の 糸づくりにしてあるのはキスです。 暖かかった日曜日 堤防で釣り糸を垂れていたら1匹だけかかりました。 思いのほか いい型だったので これもお刺身に。 


3枚におろし 半身は皮つきで糸づくりに もう半身は皮をひいてから軽く昆布締めにして 同じように糸作りにしました。 2種類の味が楽しめて満足 満足♪

スポンサーサイト

  1. 2008/10/14(火) 15:01:46|
  2. [fish]白身魚|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

リンゴのタルト

tart_aux_pommes

フランスの小さな村のレストランで実際に出しているデザートのレシピ。 リンゴのタルトはフランスではとても人気があります。 材料もレシピもシンプル。 出盛りの紅玉をたっぷり使います。

(22cmのパイ皿 1台分)
 紅玉 4個 の皮をむいて芯を取り 小さめに切って厚手の鍋に入れ 砂糖 大さじ3 をふりかける。 水 少々を加えて火にかけ リンゴが柔らかくなるまで煮る。 柔らかくなったら フードプロセッサかバーミックスでペースト状にし 全体がぽってりするまで さらに弱火にかけて水分を飛ばす。  シナモンパウダー 小さじ1/4~1/2 を加え 十分にさましておく。
 パイシート (サイズが小さければ重ねて大きく伸ばす) を パイ皿に敷いて周囲を切り取り 底面をフォークでつついて空気穴をあける。 リンゴのペーストを入れて全体に広げる。 紅玉 4個 の皮をむいて4つ割りにしたあと 2ミリくらいに薄くスライスし ペーストの上にきれいに並べる。 パイのふちにフォークで飾りをつける。
 オーブンを250℃に温め 30~35分ほど焼く。 まわりのパイ部分が先に焦げそうなら 途中で周囲をアルミホイルで覆う。 リンゴに香ばしい焦げ目がついてきたらOK。
 オーブンから出し あら熱がとれたら アプリコットジャム 大さじ2 を 水少々でゆるめたものを ハケで全体に塗って完成。

かなりボリュームのある仕上がりです。 どちらかというとデザートよりティータイムにいいかも。 リンゴを ペースト スライスとも3個ずつにすると もう少しライトな仕上がりになります。 お好みでどうぞ。 リンゴはぜひ紅玉を使いたいところですが なければなるべく酸味の強いもので♪


  1. 2008/10/08(水) 13:35:03|
  2. [sweets]焼き菓子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。