FC2ブログ

さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

酢ゴボウ


おせちに入れる 「酢ゴボウ」 のレシピの覚え書き。 簡単で美味しい。

 新ゴボウ 1本 の皮を包丁の背でこそげ落とし 4~5cmの長さに切る。 すりこぎで叩いて全体にまんべんなくヒビを入れ る。 酢水に放してアクを抜く。
 小なべに 酢 大さじ3  砂糖 大さじ1  みりん 大さじ1  醤油 大さじ1  酒 小さじ1  塩 小さじ1/3 を入れて沸騰させ 削り節 1カップ を加えてあら熱がとれたら漉して 「土佐酢」 を作っておく。 炒りゴマ 大さじ3 を すり鉢でする。 多少ゴマの粒が残っていた方がいい。 
 湯を沸かしてゴボウをゆでる。 好みの柔らかさになるまで5~8分ほど。 ゆであがったら 食べやすい太さに2~6つ割りにする。 すりゴマと土佐酢でゴボウを和えて出来上がり。

これなら時間があまりなくてもできるので 1品加えたいときにちょうどいい。

スポンサーサイト

  1. 2008/12/30(火) 11:01:17|
  2. [vegetables]根菜|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:0

焼き芋 (電子レンジ編)

yakiimo.jpg

ここ数年 冬になると 近くのスーパーで焼き芋を焼いていました。 通りかかると いい匂いがただよって 幸せな気分に。 ところが今年はそれがないのです! がっかり・・・。 
熱い小石で遠赤外線をじっくり通して焼き上げるのがおいしいのは分かっているけど 時間をかけずに電子レンジでできないものかと調べていたら こんな方法がありました。 単に電子レンジで火を通すと柔らかくはなっても甘く美味しくはなりにくいですよね。 でもこの方法なら 手軽にホクホクのあま~い焼き芋が作れます。

(200gくらいのサツマイモ2本分)
 サツマイモを洗って表面を拭き 1本ずつ適当なサイズの新聞紙で包む。 電子レンジのターンテーブルに 中央を避けて離してのせる。 ここで まず普通の強さで2分ほど加熱。
 新聞紙の表面が温かくなったところで 今度は 「解凍」 で 12~15分ほど加熱する。 加熱ムラをなくすため 途中で1度上下を返す。 新聞紙の上から握ってみて 柔らかくなっていれば完成。 (ここの加熱時間は長くなってもかまわない。 芋のサイズによって多少余裕をもって加熱すれば安心)
 ここまでで一応完成。 焼き芋特有の香ばしい焦げ目をつけるなら 新聞紙から取り出してオーブントースターや焼き網で表面をあぶる。

サツマイモの内部を一定時間 摂氏70度くらいに保つことが デンプンの甘味を引き出す秘訣のようです。 そのために 「解凍」 を有効に使います。 サツマイモのサイズや本数によって 加熱時間は調節しましょう。


  1. 2008/12/16(火) 12:27:38|
  2. [vegetables]根菜|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:1

フィナンシェ

financier.jpg

3日前、卵黄の味噌漬けなるものを作りました。 味噌に酒とみりん少々を混ぜ それに卵黄を漬けておくと きれいなオレンジ色に固まって お酒のあてにもってこい・・・ なのですが これを作ると当然ながら卵黄の個数だけ卵白があまります。 さて これをどうしようかと考えた末 今回はフィナンシェを作ることに。

(約16個分)
 アーモンドパウダー 90g 薄力粉 50g を合わせてふるっておく。 無塩バター 140g を小なべに入れ 中弱火にかけて溶かす。 大きな泡がぶくぶく出たあと 細かい泡になって ふわ~っと沸き上がってきたら スプーンなどで混ぜ 様子を見ながら 焦がしバターにする。 余熱でも火が通るので焦がしすぎないように。 目安としては全体が薄茶~茶色になり 底に焦げた点々が少し見えるくらい。 人肌までさましておく。
 卵白 4個分グラニュー糖 85g はちみつ 大さじ 1と1/3杯 を 入れて 泡立て器で 卵白を切るように混ぜる。 このとき泡立てないように注意。 ここに ふるったアーモンドパウダーと薄力粉を3回くらいに分けて加え なめらかになるまで混ぜる。 さらに 焦がしバターも加えて混ぜる。 このときバターに浮いている泡や 底の焦げたものができるだけ入らないように。 バターは漉してもいい。 できた生地を 冷蔵庫で1時間以上休ませる。 1日くらいはおいても大丈夫。
 フィナンシェ型 か シェル型に 溶かしバター (分量外) を薄く塗り 強力粉をごく薄くはたいて用意する。  生地を冷蔵庫から出して もう一度混ぜ 型に9分目くらいまで入れて天板にのせ 190度に温めたオーブンで15分ほど焼く。
 焼き上がったら熱いうちに型からはずして網の上で冷ます。 型の底をトントンと台に打ちつけるとはずしやすい。


オーブンはそれぞれ個性があるので 焼く温度は180~200度くらいの間で調節してください。 うちにはフィナンシェ型がないので シェル型 (マドレーヌ型) で作りました。 私は ふちにやや濃いめの色がつくまで焼くのが 香ばしくて好み。 1回目に焼くときに 好みの焼き時間を見つけてください。  うまく焼けるとマドレーヌのように おへそがぷっくりふくらみます♪ 外側カリッ 中しっとりで美味しいですよ!



  1. 2008/12/03(水) 01:32:42|
  2. [sweets]焼き菓子|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。