FC2ブログ

さあ今日は何を食べようか
meals and drinks by cocousa

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ビワ酒をつくる

6月6日

果実酒の中でも ビワ酒は美味しいと聞いたので つくってみることにしました。 薬効も期待できそうなので できあがりが楽しみ! ただし 量はかなりいい加減なため ひとまず 「実験室」 に放り込んでおきます。

stolichnaya.jpg(材料)
ビワ (大きめのもの) 7個
ビワ 4個分のタネ
レモン 3/4個
ウォッカ (ストリチナヤ 750ml) 1本
グラニュー糖 60g

ビワは表面をきれいに洗って 水気を拭き 軸をとって保存ビンに入れる。 タネも洗って水気を拭いて ビンへ。 レモンは皮をむき 適当に切って これもビンへ。
あとはグラニュー糖を入れて ウォッカ (40度) を注ぐだけ。 アルコール度数の高いものがよさそう。


biwa.shu.jpg仕込んだ直後。♪

ビワは 果肉よりタネに 香りや薬効の成分がたくさん含まれているようです。 ということで 今夜 デザートに食べたビワのタネも入れちゃいました(^^;) これからも食べたらタネを足していこう。
ビワの実は 何ヶ月かしたら引き上げて タネだけを再度 漬けるといいらしいです。
まあ 詳しいことは 追々 調べるとして。

レモンが3/4個とハンパなのは 単に冷蔵庫にそれだけしか余っていなかったから (汗)  もう少し足した方がいいかもしれない・・・
砂糖60gは 果実酒としては少ないけれど 甘すぎるのは苦手なので 少なめにしてあとで調節することにします。 氷砂糖がなかった・・・残念! 


7月1日

biwa.shu2.jpg
うわ! しばらくぶりに出してみたら ビワの色が変わってるよぉ! 
ところどころ 茶色くなって まるで打ち身みたい・・・

まずい 腐ってきたかな? と思って あちこち検索すると どうやら心配することはなさそう。 漬けてしばらくすると たいていこんな風になるらしい。 

変な匂いもしないし 実はちゃんとお酒に浸かっているので このまま放置することに決定。 でも レモンはそろそろ引き上げた方がいい? 見た目、ちっとも変化がないんだけど・・・
まあ もう少しこのまま置いてみます。


3月2日

biwa.shu3
何と8か月ぶりに保管場所をのぞいてみました! コハク色に変わって なんかとてもイイ感じ。 レモンは8月ごろに取り出してありました。

当然のごとく ちょっとお味見。 
おお、香りは最高!

でもベースがウォッカのせいか アルコールが まだキツイ。 う~ん まろやかになるまで もうすこしかかりそうだ・・・ それと 甘すぎるのを恐れて 砂糖少なめで作ったのはいいけれど やっぱりもう少し甘い方が好みだなあ・・・

というわけで 氷砂糖30gを足して 再度 お休みいただくことにしました♪


8月18日

biwa.shu4.jpgふと ビワ酒の存在を思い出し (笑) この際なので 漉して保存用のビンに詰め替えることにしました。 お酒の色もずいぶん濃くなったし 1年2か月もねかしたので もういいでしょうね。

ビワはすっかり茶色くなって 取り出してみると まるでラーメンの上にのっている煮玉子(笑)  切ってみると中まで茶色。 う~ん 煮玉子だったら かなりしょっぱそうだ! 思わずかじってみたら マズ~ でした!


biwa.shu5.jpg
出来上がったお酒は 入れた量とほぼ同じ。 ビワの中でエキスとアルコールが交換されたんでしょうか? きれいなコハク色です♪

3月に味見したときのツンツンした感じはなくなり とてもまろやかな口当たりになりました。 個人的な好みを言えば もう少し酸味が欲しいかも。

煮玉子と化したビワは コンポートやジャムに再利用しても美味しくなさそうなので たぶん廃棄処分です。 ビンに移してからも熟成は進むそうなので まだまだ美味しくなりそうで楽しみ!


  1. 2005/06/06(月) 02:32:57|
  2. [実験室]1か月以上かかるもの|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:6

コメント

ありがとうございます(^o^)

ほっこりさん!

早速、直していただきありがとうございました。どうぞお気遣いなく!
桃の種のお酒は
http://cousa2.blog4.fc2.com/blog-entry-60.html
ココに載せました。これも香りがすごく高いんです。冷凍庫でキンキンに冷やしてホンの少し食前酒にすると最高。種は食べるたびに1個2個と入れていけばいいので、時間はかかりますがお手軽ですよ!お試しください。
  1. 2007/06/03(日) 12:32:56 |
  2. URL |
  3. cocousa #-
  4. [ 編集]

失礼しました

cocousaさん、大変失礼いたしました・・
まだ不慣れなもので、きちんと直しておきました
ごめんなさい。
モモの種酒も香りが良さそうですねぇ、チャンスがあれば挑戦してみます。(桃は高いからなぁ~)
ありがとうございました。
  1. 2007/06/03(日) 08:05:27 |
  2. URL |
  3. ほっこり #-
  4. [ 編集]

いらっしゃいませ~!

ほっこりさん

こんにちは! ウォッカはあまりクセがないのを選べば、いろんな果実酒に使えて便利です。でも一般的なホワイトリカーよりアルコール度数が高くて、種だけだとそれがほとんど下がらないので、強~いお酒ができそうですね(^o^) 桃の種酒もウォッカで作っていますが、これはめまいがするくらい(笑)私には強いです。ビワ酒は香りがいいですよね!

リンクありがとうございます!え~と、リンク先の名前が間違っているかもです・・・(^^) おヒマなときに直していただければありがたいデス!!

これからもよろしくお願いしますね!トラバ送らせていただきました。
  1. 2007/06/02(土) 23:16:29 |
  2. URL |
  3. cocousa #IwSt/mAI
  4. [ 編集]

びわ酒

こんにちは、初めましてほっこりと申します。
枇杷の種酒は毎年作っていますが、ウォッカではなかったので、挑戦しました。ブログに載せる際にリンクさせていただきましたが・・・よかったでしょうか?
 これからもよろしくお願いいたします。
  1. 2007/06/02(土) 17:17:49 |
  2. URL |
  3. ほっこり #-
  4. [ 編集]

いらっしゃいませ~!

リンク拝見しましたよ。いいなあ、びわが送られて来るなんて。実はおいしくいただくとして、種だけでも香りのいいお酒ができるんだから無駄がなくていいですよね。
今年は初めて梅酒も漬けたので、できあがるのが楽しみ!
  1. 2005/07/07(木) 15:07:16 |
  2. URL |
  3. cocousa #-
  4. [ 編集]

こんちわぁ

びわ酒なんてあるんですねぇ。
びわは実も葉っぱも、種の中も、みんな薬効があるって
きいたことあります。
がんにもいいそうで、癌治癒に関するNPO法人に勤めていた友人から、うちの実家のびわの葉が欲しい~~~と
いわれたことあります。
もうちょっと早く知ってたらなあ・・・。
だって、これ見て!! ↓↓↓↓↓
http://anpontan.blog12.fc2.com/blog-entry-14.html
  1. 2005/07/07(木) 13:42:03 |
  2. URL |
  3. ケ・セラ母ちゃん #OR1oSmd2
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cousa2.blog4.fc2.com/tb.php/53-772b7e01

ロシアを代表するウォッカストリチナヤ40°

ロシアを代表するウォッカロシア語で「首都」という意味のウォッカ。ラベルには、モスクワ中心部にあるホテル・モスクワが描かれている。原料は、100%グレーン。バイカル湖畔の都市イルクーツクにある蒸留所でつくられている。軟性の雪解け水を利用しているため、きわめて
  1. 2007/09/16(日) 11:32:26 |
  2. ウォッカを極める

ストリチナヤ クランベリー ウォッカ 1L

種類: ウォッカ 容量: 1000ml アルコール度数: 37度 生産者: ストリチナヤ 産地: ロシア-バイカル湖畔 コメント: クランベリーの香り豊かで、さらりとやさしい口当たりの、とても飲みやすいウォッカです。 備考: -・・ストリチナヤ ウォッカ 500ml 40度
  1. 2007/08/15(水) 06:05:25 |
  2. ウォッカを極める
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。